2022年05月06日リリース

29th キネコ国際映画祭
コンペティション作品募集を5月からスタート

日本最大規模のチルドレン&ティーンズの国際映画祭「キネコ国際映画祭」で
世界に日本の素晴らしい映画を届けませんか?

従来の「チルドレン部門」に加え、
新たに中高生以上を対象とした「ティーンズ部門」の一般公募もスタート!

募集期間2022年5月上旬~8月13日(土)必着
映画祭開催日時2022年11月初旬予定
応募方法同意書(PDF)エントリーシート(Excel)を記入の上、スクリーナー(視聴用映像)と併せて info@kineko.jp までお送りください。
お問い合せ 〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町24-4 第五富士商事ビル 502
一般社団法人キネコ・フィルム
キネコ国際映画祭事務局
Tel: 03-6276-3906
Mail: info@kineko.jp
HP: https://kineko.jp/

チルドレン部門

1〜12歳の子どもを対象としたコンペティション。
楽しい作品やかわいい作品はもちろん、子どもたちに大切なメッセージを伝え、成長の一助となる作品も大歓迎!
グランプリに輝いた作品はドイツの国際子ども・青少年映画祭「シュリンゲル」に招待されます。

募集要項
(概要)
  • 2020年1月以降に日本国内で制作された作品
  • 実写・アニメ・CG 等、すべてのジャンル
  • 「大人も子どもも一緒に楽しめる」「世界の子どもたちに見せたい」作品
  • 尺に規定は無し
  • 英語字幕が必須(作成が困難な場合は事務局にご相談ください)
  • 『キネコ審査員チルドレン部門長編グランプリ』
    国内・海外長編作品のコンペティション。
    小学4〜6年生の「キネコ審査員」による審査。
  • 『国際審査員チルドレン部門長編グランプリ』
    国内・海外長編作品のコンペティション。
    国際映画祭のディレクターや海外の映画制作者による審査。
  • 『国際審査員チルドレン部門日本短編グランプリ』
    国内短編作品のみが対象となるコンペティション。
    国際映画祭のディレクターや海外の映画制作者による審査。

ティーンズ部門

13〜18歳の青少年を対象としたコンペティション。
若者の視点で描かれた作品や社会問題などをとらえ考えるきっかけとなる作品、子どもと大人の間で揺れ動く中高生たちへ呼びかけ、彼らの成長を支える作品を大募集。
現役の中高生に加え、ティーンズ向けのプログラムに定評のある国際映画祭のディレクターが審査を担当。

募集要項
(概要)
  • 2020年1月以降に日本国内で制作された作品
  • 実写・アニメ・CG 等、すべてのジャンル
  • 「未来を担う若者に届けたい」「若者の視点に立った」作品
  • 尺に規定は無し
  • 英語字幕が必須(作成が困難な場合は事務局にご相談ください)
  • 『キネコ審査員ティーンズ部門長編グランプリ』
    国内・海外長編作品のコンペティション。
    13〜18歳の「キネコ審査員」による審査。
  • 『キネコ審査員ティーンズ部門短編グランプリ』
    国内・海外短編作品のコンペティション。
    13〜18歳の「キネコ審査員」による審査。
  • 『国際審査員ティーンズ部門長編グランプリ』
    国内・海外長編作品のコンペティション。
    国際映画祭のディレクターや海外の映画制作者による審査。
  • 『国際審査員ティーンズ部門短編グランプリ』
    国内・海外短編作品のコンペティション。
    国際映画祭のディレクターや海外の映画制作者による審査。